『発達心理のゼミに進むことに決めました』

 私は4年生で主に発達心理学に関する研究をしたいと思っています。法政大学の心理学科では2、3年生で専門分野をしぼることは強制されません。4年生になるまで幅広い分野で心理学を学び、その中から自分が最も興味を持った内容で卒業論文を書きます。私は人それぞれの性質や人格の所似に興味を持ち、発達心理のゼミに進むことに決めました。またそういうことを研究し、今度は自分自身の内面を追求したいと考えています。授業では主に人の行動を客観的にデータとして観察する方法を学び、そこから得た情報の分析・考察を行い、どういった要因が人それぞれの性格や行動を決定づけるかなどを研究しています。心理学はまだまだ掘り下げていく課題がたくさんあります。だからこそ、興味深い学問なのではないでしょうか。
 


三谷 玲子 さん(当時 文学部心理学科3年)

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月16日 13:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『心の働きを客観的に見るのに統計の勉強は欠かせません』」です。

次のブログ記事は「『臨床系の大学院へ進む』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2