『心の働きを客観的に見るのに統計の勉強は欠かせません』

 私が心理学というものに興味を持ったきっかけは、高校2年の時にしていた部活でした。私はその時、部長という立場であるせいかいろいろなことで悩んでいた時期でもあり、いろんな人に相談に乗ってもらい、なんとか部長を務めることができました。
 そして部活も終わり、受験に切り替えて自分がどのような道に進みたいか考えていた時に、今までつらい時に相談に乗ってもらっていろいろと助けてもらったことを、今度は自分ができないかと思ったのがきっかけで心理学科に入りました。
 心理学科は文系にあるから数学的な知識はいっさい使わないかと言ったら、そんなことは決してなくて、心の働きを客観的に見るという面でデータを見たり、処理したりすることは大切で統計の勉強は欠かせません。
 心理学にはいろんな分野があり、私は将来、臨床心理士になろうと思っているのですが、臨床系の分野だけではなく、その他の分野も広く見て学問として深く勉強していきたいと思っています。

 

土屋 徹 さん(当時 文学部心理学科1年)

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月16日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『心理学はあらゆる仕事に生かせる学問です』」です。

次のブログ記事は「『発達心理のゼミに進むことに決めました』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2