『臨床心理士という夢の実現へ』

 ゼミの高橋先生との出会いは1年次の「脳の科学」の授業。精神科医としての幅広い実績と温和なお人柄に惹かれ、3年次の後期から高橋ゼミへ。3年次には人間社会研究科臨床心理学専攻への進学を決めていたので、大学院試験の勉強開始。4年次には心理学科の先生方のお世話で、病院や裁判所などでの心理職の現場を見学させていただいたり、第一線で活躍されている心理学の専門家の方々の講演を聞く機会に恵まれ、視野が広がりました。その意味では、臨床だけでなく心理学を幅広く学べる心理学科を選んで良かったと考えています。将来は人から信頼される臨床心理士になりたいと思っています。

関川 香葉子さん(当時 文学部心理学科4年) 

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月16日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「卒論/修論のタイトル」です。

次のブログ記事は「『発達心理学や教育心理学の研究で子どもたちをサポートしたい』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2