ゼミとSOP(心理学勉強会)での学びと奨学金

 心理学科で一番驚いたのは、実験や調査で仮設を検証していく実証的な姿勢。専門教育の醍醐味を実感したのを覚えています。2年次には、心理職公務員を目指すことを決心。専門性の高い学内の心理学勉強会SOPなどで勉強を続けました。3年次からの島宗先生の行動分析学ゼミでは、中学生の支援プログラムに参加。この時の経験は将来の方向を決める上で大きかったですね。4年次に公務員試験に合格、法務省から内定をいただきました。先生やセンパイからのアドバイスと、第二種成績優秀者奨学金――法政の物心両面のサポートで、私は心理職公務員というキャリアの入り口に立つことができました。

 

前田関羽くん(神奈川県 私立法政大学第二高等学校出身)

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月16日 13:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「受験生へのメッセージ: 何のための心理学?」です。

次のブログ記事は「人のすべてにつながる心理―この認識をベースに学びを深めたい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2