「悩みがあれば相談にのってくださる先生がたくさんいました」

 私は、オービックのというITの会社で人事の仕事をしています。この会社を選んだきっかけは、「人」です。会社に訪問する際や面接時など、「この人と一緒に働きたい」と思える人にたくさん出会えたからです。就活をする際はもちろん、日常生活で壁にぶち当たり悩むこともあると思います。そんなとき、心理学科で学んだことや、自己分析がとても役立っています。学生時代には、悩みがあれば相談にのってくださる先生がたくさんいました。また、今の仕事でも社員向けにメンタルケアの研修企画など、心理学で学んだ知識や経験は、カウンセラーになるという選択肢だけでなくあらゆる職業でとても役に立つことだと実感しています。みなさんも、将来の選択肢が広がるような学部・学科を選んでくださいね。
 

鈴木菜々さん(2008年3月年度卒業 オービック人事部勤務)

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月 8日 12:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「学生時代は、まずはやってみる、やり続けてみる」」です。

次のブログ記事は「「"人間の理解"を求めるということでの一つの極みが心理技官という仕事です」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2