研究室紹介:渡辺ゼミ(発達臨床心理学)

watanabe-semi.jpg

発達心理学では、私たちの心の発達について広い観点から学んでいます。例えば「鏡や写真に写っている顔が自分の顔だとわかるのはいつから」「他の人の気持ちがわかるようになるのはいつ」「なぜ自分のことが嫌になったりするの」「人を攻撃したり助けたりするのはなぜ」など。発達臨床心理学では、発達のつまずきのメカニズムを明らかにし、友だちができない、いじめなどで悩んでいる人へのカウンセリングや具体的な心理教育プログラムを学んでいます。演習や研究法では、個々の研究活動に取り組みますが、合宿では先輩後輩一堂に会して親睦を深めつつ、実際に学校やキャンプなどで子どもたちを支援できるよう、パワーアップを目指しています。
 


渡辺弥生 教授

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月 8日 12:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「"ヒトはどのようにモノを見ているのか"に興味があります」」です。

次のブログ記事は「研究室紹介:越智ゼミ(犯罪心理学)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2