人とのコミュニケーションから多くの事を学びながら人としてもっと成長していきたいと思っています

「子どもが母親の表情を見て、母親の気持ちがわかるようになるのは何歳頃からだと思いますか?」高校生の時に学科説明会でこの言葉を聞いてからこれまでの4年間、私は発達心理学を中心に学んできました。聴講だけでなく、演習で小学校の授業見学をさせていただく機会もあり、自分の興味をもった分野を学ぶ環境に本当に恵まれていたと思います。また、人格心理学や認知心理学など様々な心理学を学ぶ中で、日常生活に心理学が深く関わっている事、そしてその重要性を感じることができました。
 私は一般就職の道を選びましたが、これまで学んできた事は仕事にも十分活かせることばかりだと思います。これから先も、豊かな人生を過ごすための一つの考え方として心理学と付き合い、人とのコミュニケーションから多くの事を学びながら人としてもっと成長していきたいと思っています。


原 千晶さん(2007年心理学科卒業, 大和証券)

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月16日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「精神的に健康な子どもたちを増やすため、仕事を通してさらに研究を深めていきたい。」です。

次のブログ記事は「人事採用のしくみを理解するのに、心理学で学んだ基礎理論が大いに役立ちました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2