「毎日が本当にあっという間に過ぎてしまいます」

 法政大学心理学科の特長は、まず一学年の人数が少ないところです。クラスの人とはもちろん、他クラスのほとんどの人ともすぐにうちとけられ、学科全体が和やかな雰囲気に包まれています。また、先生方も親しみやすい方ばかりで、授業でわからないことがあっても、気軽に質問しにいくことができます。さらに、先輩方から実験参加の依頼も多く、実践的な心理学に一年生のうちから触れることができるので、心理学への興味は湧く一方です。心理学を学び始めたばかりの私には、どの授業も新鮮で面白く、自分の好きなことを思う存分学べるので、毎日が本当にあっという間に過ぎてしまいます。皆さんも是非、法政大学で一緒に楽しく心理学を学びましょう。

[時間割紹介]

受講科目を毎日入れることもないのですが、学校にできるだけ来ようと思ったのでこんな時間割になりました。


・週2〜3回程度、放課後にアカペラサークルで会議や練習などの活動をしています。
・火曜と金曜は塾講師のアルバイトをしています。



早川菜つみさん(執筆時:在学1年生)

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月 8日 12:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「脳波の測定などは、今の仕事に大いに役立っています」」です。

次のブログ記事は「「"ヒトはどのようにモノを見ているのか"に興味があります」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2