受験生へのメッセージ:「健康のもとである眠りの問題を一緒に学びましょう」

人の眠りや眠気が日常生活に及ぼす影響や睡眠覚醒障害を生理心理学的アプローチから研究しています。最近の研究では、眠りは翌日の精神運動作業だけでなく、気分や生活習慣にまでいろいろな身体的・心理的問題を生ずることがわかっています。健康のもとである眠りの問題を一緒に学びましょう。
 

takahashi-mes.jpg

高橋敏治(教授)

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月 8日 13:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「受験生へのメッセージ:「世界でたった一つの研究を一緒にやりましょう」」です。

次のブログ記事は「卒論/修論のタイトル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2