「脳波の測定などは、今の仕事に大いに役立っています」

 私は現在、精神科病院のデイケアでソーシャルワーカーとして勤務しています。法政大学卒業、1年間養成校へ通い、精神保健福祉士の国家試験に合格して、現在の仕事に就いています。精神障害者の方のデイケアを中心に日常生活問題や就労等に関する相談に応じ、社会復帰等に向けた支援をしています。大学では、心理学にとどまらず生理学や脳科学等の多様な分野を学ぶことができ、卒論で行った脳波の測定などは、今の仕事に大いに役立っています。

北野明宏さん(2003年教育学科心理学コース卒業:日向台病院、ソーシャルワーカー・精神保健福祉士)

*教育学心理学コースは心理学科の前身です。

このブログ記事について

このページは、心理ネット管理者が2012年2月 8日 09:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「もっと勉強したい」と大学院へ」です。

次のブログ記事は「「毎日が本当にあっという間に過ぎてしまいます」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2