2016年10月アーカイブ

タイトル.jpg

徳島県のプロジェクトとして昨年度から取り組んできた教員用eラーニング教材および児童向けのプリント教材が一般公開されました。飯泉知事の「カモンマニフェスト」にも記載されているプロジェクトです。

徳島県総合教育センター特別支援・相談課HP「特別支援まなびの広場」(http://kodomo-gakusyuukyouzai.tokushima-ec.ed.jp/)から、どなたでもログインできます。

教員用eラーニング教材には特別支援教育に関わる先生方の研修で使える(実際に徳島県総合教育センターや特別支援学校で使っている)webクイズが利用できます。行動分析学のクイズ問題も作成してありますので、ぜひご活用下さい。

児童向けのプリントは昨年度作成し、小学校通常学級の一斉指導場面で導入テストを終えた、アナログ時計を読むことを教えるプリントと、割り算を教えるプリントの二つが公開されています。いずれもかなり周到に課題分析を行い、スモールステップで無誤学習が進むように作成してありますので、こちらもご活用下さい。

なお、ログインには以下のIDとパスワードが必要です。県内と県外でIDを分けているのは、プロジェクトの評価指標として県内外別にアクセス数を記録し、改善につなげるためです。

今後も継続的に教員用、子ども用教材が開発され、公開されていく予定です。

追記:昨年度に行われた事例研究の成果もまとめて公開されました。

徳島県内の方
ユーザー名 tokunai
パスワード passtokunai

徳島県外の方
ユーザー名 tokugai
パスワード passtokugai

SpecialLecture20161210.jpg特別講義のお知らせです。武藤 崇 先生 (同志社大学)によるACTに関する講演です。法政大学市ヶ谷キャンパスでは現在古い校舎を順次建て替えているところですが、本講義はできたてほやほやの新しい校舎で開催します。

第三世代の行動療法と呼ばれる最新の臨床アプローチに興味のある方はぜひご参加下さい。

案内のPDFはこちらからダウンロードできます。

アーカイブ

法政心理ネット