2016年3月アーカイブ


th_IMGP0235.jpg行動コーチングアカデミー主催の《行動分析学道場:事例研究初級コース》では〈じぶん実験〉を題材に、事例研究の進め方を学びます。

夏に軽井沢で開催される道場本番での発表を目指し、参加者の方々それぞれが設定するご自分の標的行動や達成指標を測定し、視覚化し、ベースラインのデータを評価し、ABC分析し、介入を立案し、実行し、介入後のデータを評価していきます。

このコースではこれらの課題を五月から毎週少しずつ進めていきます。課題はネット上の掲示板に提出していただき、コーチからの助言や指導を受けていただきます。

このため、どうしてもそれ相当の情報技術が必要となります。インターネットへのアクセスや掲示板の操作(例:課題のファイルをアップロードしたり、資料をダウンロードするなど)や、資料作成(Wordで作表したり、記録用紙を写真に写して画像ファイルを提出したり、Excelでグラフを作成したり、PowerPointでABC分析のダイアグラムを作成したり)に必要な知識や技能です。このコースではこうした技能については教えられません。既習の前提として扱いますのであらかじめご了承下さい。

以下、具体的な課題の例を示します。課題のサンプルファイルを用意しましたので、参加をご検討されている方は、あらかじめこれらのファイルをダウンロードし、ご確認下さい。

課題の例:

  • Wordを使って記録用紙を作成する(サンプル)。
  • 手書きの記録用紙を撮影して提出する(サンプル)。
  • 記録をExcelでグラフにする(サンプル)。
  • PowerPointファイルでABCダイアグラムを作成する(サンプル)。

30753.jpg

「教育と医学」(2016年3月号, 2/27発売)に「子どもの気になるクセをなおす方法」という記事を書きました。習慣逆転法について、このブログでも公開した過去記事をまとめたものですが、興味のある方はどうぞ。
 ちなみに、この号では「子どもの困ったクセ」という特集が組まれていますが、私はまだ他の先生方が書かれた記事を読んでいません。

教育と医学のHP:https://www.keio-up.co.jp/np/kyouiku.do

アーカイブ

法政心理ネット