2015年6月アーカイブ

Th_yamamotoseminar20150704

 犬と散歩するたび、きれいな(?)うんちを見るたびにほっとします。うちの犬はアレルゲンが多く、米や玄米などの穀物はほぼNG、肉はラムがだめです。食事にはかなり気をつかっていますが、猫の置き餌とか、ポイ捨てされた弁当の残りとか、はたまた近所の方におやつをもらってしまうとか、止められずに食べてしまったアレルゲンはたいてい胃腸に影響し、お腹がゆるくなります。適度に硬く、拾いやすいウンチは健康のバロメーターでもあり、見ただけで笑顔になるし、「いいウンチだね〜」なんて声かけまでしちゃいます(犬には?ですが)。

 うちの犬は部屋の中ではおしっこをしません。基本的には散歩中、公園の土のあるところでおしっこをさせてます。道ばたで電柱とかにはしないように、できるだけ公園で出し切るようにしていますが、ここはまだまだ練習の余地あり。台風とか大雨のときには、一挙にどばっとしてくれるのですが、普通の日は何回かに分けてやってます。なので、公園から出て歩いているときにもマーキングしてしまうことがあります(優良飼主への道は遠いです)。マーキングしようとしても一滴もでないくらいになると、これまたほっとします。なにしろ長時間のお留守番が多いので、出すものは出しておいて欲しいからです(長時間のお留守番ができるようにした練習はこちら)。

 犬と一緒に暮らすのに、生活のリズムをつくるという意味でも、排泄はとても重要なのだと実感しています。うちの犬は山本央子先生にお願いし、うちに来る前に排泄訓練を済ませていたのでラッキーでした。排泄で苦労されている方のお話をお聞きするたびにそう思います。

 そんな山本先生の排泄に関する研修会が大阪で開催されるそうです。排泄訓練を基本から学べる内容のようです。興味のある方はぜひご参加下さい。

日時:2015年7月4日(土)10:30-16:30
会場:NKスクエア玉造(大阪市東成区中道3-8-11)

○案内はこちらからダウンロードできます。

アーカイブ

法政心理ネット