2015年4月アーカイブ

 2003年度から毎年行われてきた事例研究を、web上のデータベースとして公開してきた徳島ABA研究会ですが、昨年度に行われた事例研究からは、Googleドライブでその成果報告を公開することになりました。
 これまではデータベースの入力作業が先生方にとっては一仕事だったのですが、ポスター発表で使ったスライドをそのままPDFとして公開することで省力化を進めることにしました。

Googleドライブへは徳島ABA研究会のブログからリンクをたどれます。

京都ABAIの前日に開催されるワークショップの情報を転載します。

まだ残席があるようです。行動分析学をベースにした臨床に興味をお持ちの方はぜひどうぞ。日本行動分析学会の会員は参加費が2000円引となるそうです。


関係フレーム理論(RFT)への招待
— 明日から使える臨床行動分析のアイディア —
(日本語通訳つき)

講師:ニコラス・トールネケ(Niklas Törneke, MD)
https://www.facebook.com/niklas.torneke
スウェーデン在住の精神科医,認定心理療法家。主著に『関係フレーム理論(RFT)をまなぶ:言語行動理論・ACT入門』(邦訳あり;星和書店, 2013),『臨床行動分析のABC』(邦訳あり;日本評論社, 2009)がある。

日時:2015 年9 月26 日(土)10:00-17:00(09:30受付開始)

開催場所:同志社大学今出川キャンパス良心館地下RY01(ただし,同キャンパス内での会場変更の可能性があります。変更があります場合は速やかにご連絡申し上げます)
 
概要:本ワークショップは,1 日5 時間の集中講義形式で,臨床行動分析(行動分析学における臨床心理学に対する研究・実践領域)およびアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)に関連が深い「関係フレーム理論」(Relational Frame Theory; RFT)の基礎とその臨床実践への応用を分かりやすく解説します。

参加定員:50名

参加費:一般7,000 円,学生5,000 円(ただし,日本行動分析学会の会員の皆様は,一般5,000 円,学生3,000 円)。参加費は当日受付にてお支払いくださいますようお願いいたします。

日本行動分析学会の会員の皆様は,参加費が2000円引となります。

なお、お申込の際,学会員の方は「日本行動分析学会・会員番号XYZ」という表記で,ご自身の会員番号の情報をお書きください(その明記が「割り引き」の条件となりますので,記入漏れのないようお願い申し上げます)。

講演プログラム:
10:00−11:30(午前の部)
11:30−13:00(休憩)
13:00−14:30(午後の部1)
15:00−16:30(午後の部2)

主催:同志社大学実証に基づく心理トリートメント研究センター(WEST)

共催:日本行動分析学会,同志社大学心理学会

申込方法:参加のお申込の締切は8 月31 日(月)とさせていただきます(会場には定員設定がございますので,早めのお申し込みをお勧めいたします)。また,申込方法は,メールでの受付のみとさせていただきます。その方法は,以下の通りとなります。

宛先:rc-west@mail.doshisha.ac.jp
件名:【RFT】参加申込み
本文:(1)お名前,(2)ふりがな,(3)ご所属と職名(あるいは学年),(4)受付確認メールの送信先,(5) 日本行動分析学会・会員番号

お問い合わせ先:同志社大学実証に基づく心理トリートメント研究センター
(WEST) http://rc-west.doshisha.ac.jp/

アーカイブ

法政心理ネット