2014年11月アーカイブ

 法政の心理学科には専任教員の担当する授業に外部の先生をお呼びしてお話をお聞きする「特別講義」というイベントがあります。多くの場合、その授業の受講生や、その他、心理学科、文学部の学生や教員向けの企画になるわけですが、今回はTwitterなどで聞きつけた人から聴講希望の声が寄せられたので 、正式に一般公開のイベントとして開催することになりました(もちろん、ごくごく限られた興味を持つ少数派の声であることは認識しております)。

 元々は、不勉強のためよく正体がつかめていない「連合学習理論」について、一度しっかり勉強しようと思っていた私の、極めて個人的な興味・関心を満たそうという自分勝手な都合の企画です。

 そういうことなので、「特別講義」とは名ばかりで、澤先生には30分くらいでお話を切り上げていただき、私の方から質問させていただいたり、対談的に討論させていただこうと思っています。

 ぶっちゃっけた話、今田先生には畏れ多くてお聞きできないことや、中島先生にははぐらかされそうな話を、新進気鋭の澤先生から教わってしまおうというわけです。

 なので、澤先生の研究の話を聞きたいと思って来られると、失望することになりますので、その点はご了解ください。

 なお、法政大学市ヶ谷キャンパス内はただでさえ迷路のようなのに、現在、一部の建物を建て替え中で、一層わかりにくくなっています。案内板や案内番は一切立てませんので、学外から来られる方はキャンパスマップなどを印刷、持参し、時間的余裕をもってご来校ください。事前のご連絡などは必要ありません。

特別講義 連合学習理論と行動分析学─対話か対決か?─ 講師:澤 幸祐 先生(専修大学人間科学部心理学科)
日時:2014年12月18日(木)16:50-18:20
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見校舎1F 遠隔教育室
○アクセス・キャンパスマップはこちらから
○建物内の地図は こちらから

アーカイブ

法政心理ネット