devil's advocateの日本語訳を探していたら、まぁ、いつものことだが、Yahoo!知恵袋とか、相変わらず酷いねぇ。

以下、ここからの引用。

他人の欠点やあら捜しばかりして他人を窮地に落とし込もうとする人の意味です。

「です」だって。断言しちゃってるよ。

もっとわかりやすく和訳すると「へそ曲がり」。手元に辞書がないのでわからないが

辞書、調べろっつ〜の。

「わざと異を唱える人」とかかなと思います。

「思います」って感想みたいに書いてあるけど、これって他のサイトからの引用だぞ(「かかな」はスルーするとして)

「知恵袋」という名称に値しない書込みが多いし、サイト管理側もそのことは気にしていないようだ。学生の皆さん、基本的に、Yahoo!知恵袋などは引用しないようにね。

devil's advocateとは、議論を深めるために、相手の主張と反する意見をあえてぶつける役割のことだぞ。お互い反論することを納得し、自分たちの主張や論拠を精錬し、弱みをつぶすために話し合うときの仮想敵のようなものだが、敵ではなく実は仲間なのだ。

茂木健一郎氏のブログで紹介されていた戸田山和久氏(名古屋大学)のコラムがわかりやすいから、読みなさい。

「悪魔の使途」って訳している人もいたが、ピンとこない。

「議論を深めるために、あえてこんな質問をさせて下さい」くらいに意訳するしかないか。

アーカイブ

法政心理ネット