もしドラッカーが行動分析家だったら:ドラッカーの名言を行動分析学から解釈する(その15) 「部下の強みを活かす責任」

名言〔第16位〕:「部下の強みを活かす責任」

解釈:
 上司の仕事は部下の行動を支援して結果をだすことにある。したがって、上司の行動の強化随伴性は、部下の成功にもとづいて設計すべきである。

(追加の解釈)
 部下の行動マネジメントをしていない/できない上司を責めるのも同様にナンセンスであり、上司が部下の行動を上手く支援できるように支援するのが、その上の上司や、最終的な経営者の仕事になる。

本シリーズの過去記事一覧:

アーカイブ

法政心理ネット