『行動分析学道場 2013』 @行動コーチングアカデミー in 北(訂正:正しくは西)軽井沢のお知らせ

昨年はゲスト講師として参加させていただいた、奥田健次先生の 『行動分析学道場』に、今年は講師として参加することになりました。

 日 時:  2012年8月20日(火)〜22日(木)
 会 場:  行動コーチングアカデミー(長野県北佐久郡)

 詳 細:  こちらのサイトを参照して下さい

なにしろ「道場」ということで、ふだん自分がやる授業や研修とは真逆のつくりのイベントとなります。インストラクショナルデザインでいうところの「(緻密な)デザイン」も、本番前の「ユーザーテスト」もほぼ皆無だからです。

ただし、奥田先生はじめ講師・スタッフ一同が、参加者の学びにコミットしているところ、ここは間違いのないところです。

昨年は「ゲスト」しかも「飼い犬、初心者」という立場だったので、こんなことしたり、

1

こんなことしたり、

2

こんなことしていればよかったのですが(笑)、今年は担当の時間割もあり、しっかり仕事をさせていただく所存です(ただ、せっかくの軽井沢なので愛犬は同伴させていただきます)。

3

講師と参加者の生(ナマ)の真剣勝負がリアルタイムで繰り広げられるのではないかと、今から期待に胸を躍らせてドキドキしています。ちなみに「道場」なので講師ではなく「師範」と言ったらどうだろう?という私の提案が採用され、案内でも一部そうなっています。

参加者の方には、ぜひとも道場破りをするような気持ちで「師範」に向かってきていただければと思います。教える方、学ぶ方が、共に学びにコミットしたときの楽しさ、興奮、そして(きっと)地団駄踏むような焦燥感などもまとめて一緒に味わいましょう。☆ただし生半可な、たとえば言葉の遊びのような問答だと、怪我をします(笑)。ギター侍に「残念!」と一刀両断にされるかもしれませんので、あくまで真剣勝負でお願いします。

なお、私が担当する時間に何をするかは、参加者からの申込みが完了してから決めることになります。申込書に各師範から何を学びたいかを書いていただくことになっていますので、できるだけ詳しく、希望する内容を書いて下さい。

奥田先生からのメッセージにあるように、参加者それぞれの仕事に活かせる、それも単にノウハウ的なことではなく、仕事や生活全体にインパクトがある内容を提供できるよう務めますので、我こそはという方はぜひどうぞ。

アーカイブ

法政心理ネット