iPodTouch活用法(3):プレゼンテーション(そこそこ成功例)

Mb129_125

日帰りから1泊2日くらいまでの出張や学会発表などで、MacBookを持っていくには重くて辛いとき、iPod をプレゼン用のマシンとして使えるかどうかテストした。

PowerPointやKeyNoteからスライドをQuickTimeの動画ファイルとして書きだしてiTunesに登録するか、もしくはjpegの静止画として書きだしてiPhotoに登録し、iTunesで共有設定すれば、iPodに同期できる。

iPodの画像(動画や静止画)は専用のケーブルを使って外部AVに出力できる。USBの電源アダプタも付属するから、バッテリーの心配はいらない。

結果はそこそこ成功。

全体的に準備作業はごく簡単。QuickTimeに書きだせばアニメーションも再現できる。ただし、解像度が低い。iPodの出力性能が限られているせいか(VGAだっけ?)、元々は高解像度のコンテンツもiPodに転送する段階で圧縮されてしまうようだ。iPodの画面で見るには申し分ないけど、学会や研修会で大きなスクリーンにプロジェクターで投影する場合には見劣りする。

スライドのトランジッションやアニメーションをムービーコントローラで制御するのも難しい。再生にしておいて、アニメーションが終わったら停止ということを繰り返すわけだけど、通常はクリックすると動き出すわけで、動作が逆になる。しかも動き出すまでにディレイがかかるから慣れるのに時間がかかりそうだ。

静止画として共有した場合にはアニメーションは効かない。スライド一枚にアニメーション一つという作り方をすれば解決する問題だけど、それは手間がかかりすぎるだろう。

結論。

シンプルで少量のスライドで済む仕事のときには、iPodTouchは十分プレゼンに使えると思う。それから、万が一MacBookが壊れたときのバックアップとしては有効だと思う。

高解像度の静止画が使えるようになったり、iPod本体のスクリーン上の画像をつまんだり指でスクロールさせたりすることがプレゼン中もできるようになったり、QuickTimeがスライドのコントロールをサポートして、アニメーションやトランジッションの制御が簡単にできるようになったりしたら、もっと面白い使い方ができると思う。

アーカイブ

法政心理ネット