2008年2月アーカイブ

法政大学ライフスキル教育研究所の活動として、応用行動分析学の研修会を開催することになりました。

『特別支援教育のための応用行動分析学』と題し、主に自閉症などの発達障害や知的障害を持った児童生徒の指導、支援に使える考え方を学びます。

題目:『特別支援教育のための応用行動分析学』
主催:法政大学ライフスキル教育研究所
日時:2008年3月27日(木)10:00-17:00
場所:法政大学市ケ谷キャンパス(MAP
   ボアソナードタワー10F 1004教室
講師:島宗 理(文学部心理学科教授)
   および大学院生のスタッフ
費用:¥2,000-
定員:先着20名

お申込みはwebまたはファックスで
 URL: https://www.hosei.org/ FAX: 03-3264-6099

お問合せは法政大学エクステンションカレッジまでお願いします。
 TEL: 03-3264-6098  Mail:help@hosei.ac.jp

案内と参加申込書はこちらからダウンロードできます。

皆さんのご参加をお待ちしています。

鳴り物入りで始って、迷走し、安倍内閣の崩壊と共に消えてしまった感のある「教育再生会議」の後継組織ができたそうな。

その名も「教育再生懇談会」。仮称らしいけど、懇談会だって。皆で仲良く会食でもするんだろか。

旧教育再生会議は中教審や文科省との意見が対立したりして実行力もなかったせいか、今度は半数近くのメンバーを中教審とだぶらせるらしい。でも、それならこの会議の独自性は薄れるわなぁ。あ、だから「懇談会」なのか。

このニュースを報道番組か何かで知った翌日の日経新聞に、東京都教育委員会から降格処分を受けていた養護学校の元校長先生が処分取消しを求めた裁判で、東京地裁が取消しを命じた判決が、とても小さく報じられていた。

どうやら情緒障害学級を新設するとして教員を増員したけど、実際は学級数を増やさなかったことがとがめられたらしい。

こういう話はわりとよく聞く話だ。特別支援教育に理解があり、一人ひとりの子どもの教育に熱心な校長なら、とにかくなんとしてでも教員数を確保、増員したいと、あの手この手を尽くしている。

判決では「情緒障害児に対しては個別指導したり、普通学級と合同学習したり、柔軟な学級運営が許される」としており、こうしたあの手この手の一つが校長の裁量権の一つとして認められたという意味で嬉しい判決だ。

それにしても本来なら、あの手この手を尽くさなくても、子どもの教育ニーズに見合った人員確保がなされるべき。現場は人手不足であることは間違いがないのだ。それを無視して、こういう処分を下す教育委員会の人たちは、いったい何を見ているんだろう?と、ほんとに疑問に思う。

先日、共同研究をしている中学校の校長先生が、教員の増員に関して東京では、区でできることは少なくて、都が動かないとまず無理とおっしゃってた。教員一人雇うのに年に1千万かかると。都内の学校数を考えると、そんな余裕はまったくないと。

でも、新銀行東京には400億円の追加出資。400人の教員を10年間雇える金額ですね。

教育再生懇談会の人たちには、ぜひとも学校現場の実情を知ってから“懇談”して欲しいところだ。

法政大学の大学院に『ライフスキル教育研究所』という組織を設置しました。

心理学科のスタッフを中心に、学外から客員研究員の先生方も迎え、心理学や関連諸領域の基礎&応用研究によるエビデンスに基づいて、社会的な問題解決に貢献していこうという組織です。行動分析学関係では奥田健次先生と服巻繁先生に客員研究員をお願いしました。

とりあえず特別支援教育に携わる教員の方々を対象とした研修会を3/27(木)に開催する方向で企画を進めています。はっきりしたらこのブログでも案内します。

今後は地域の学校や企業との連携もこの研究所を通して進めていくことになると思います。

研究所には発達心理学や犯罪心理学、認知心理学の専門家の方々もいらっしゃいますので、これまでより広い範囲のコラボレーションができそうで、個人的にも楽しみです。

研究所の活動が軌道にのったら、企業向けのパフォーマンスマネジメントやインストラクショナルデザインの研修会も実施します。学生や院生が参加できる共同プロジェクトも進めてきますので、乞うご期待。

今年で4年目を迎える春の特別講座 in 徳島。

「学校でここまでできる!一人ひとりの子どもを伸ばす特別支援教育」と題し、奥田健次先生の講演と徳島の先生たちの事例研究(ポスター発表)が中心のイベントです。

日 時:2008年3月1日(土)13:30-17:00
場 所:鳴門教育大学附属特別支援学校体育館(徳島市上吉野町)
参加費:無 料

詳しくはこちらをご覧ください。

参加予約は必要ありません。どなたでも参加できます。


アーカイブ

法政心理ネット