| コメント(1)

行動分析学における古書の流通状況

日本語で読める行動分析学」をAmazonへのリンク集としてまとめなおしたときに、これまではほぼ入手不可能だと思ってあきらめていた図書が、何冊か古書(ユーズド)として出品されているのを発見し、嬉しくなって即購入しました。

About Behaviorismの訳本である『行動工学とはなにか』は破格の¥6,800でゲット!! 他にも出品されてましたが、その価格は¥28,900よりですから、これは超が3ヶくらいつくお買得品。

行動工学とはなにか―スキナー心理学入門 (1975年)行動工学とはなにか―スキナー心理学入門 (1975年)
犬田 充

佑学社 1975
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さらに今は亡きドン・ベア先生の奥さんであるピンクストン先生らが書かれた本の訳書『高齢者の在宅ケア』も¥2,640で購入。残念ながら今のところ他には出品されていません。高齢化社会で在宅ケアニーズが高まっている我が国では、いまこそ必要とされる本なので貴重です。

高齢者の在宅ケア―家族に対する新しいアプローチ高齢者の在宅ケア―家族に対する新しいアプローチ
E.M. ピンクストン N.L. リンスク E.M. Pinkston

ミネルヴァ書房 1992-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

他にも、かつて学生に貸出して紛失してしまった『オペラント行動の基礎と臨床—その進歩と展開 』も出品されています。価格が¥18,000と高価なので少し様子見です(笑)。

ネットで高価に売れるのに過小評価されている古書を、古本屋などをせっせと回って買い集め、このようにAmazonなどへ出品して稼いでいる人たちがいるそうです。

行動分析学関係の埋もれた古書をぜひもっと発掘して世の中へ再び流通させて欲しいものです。

コメント(1)

テニス合宿から帰ってきたら、5年くらい前のゼミ生、S君からメールと携帯への着信アリ。

なんと『オペラント行動の基礎と臨床—その進歩と展開 』を持ってます!とのこと。長いこと、借りててすみませんと申し訳なさそうでしたが、正直に連絡してくれたこと、かつ、この貴重な本が戻ってくることに大感謝です。

金の斧・銀の斧伝説だと、S君には『オペラント行動の基礎と臨床』に加えて何かもっとレアな本をプレゼントしないとならないことになりますが、私は沼の神様ではないので、今度、機会があったらビールをおごることにします。

これまでなくしたもの、ブログで書いていってみようかな...でてくるかも。

アーカイブ

法政心理ネット