心理療法と行動療法と行動分析学

サトウタツヤ先生(立命館大学)から面白そうなシンポジウムの案内が届いたので転載します。

“質的研究”というのは、何回話をきいてもよくわからないのですが(^^;;)、心理療法と行動療法の人たちが共通のゴール(臨床サービスの向上?)を目指して語り合う姿勢を持つというのは、いいことですね。

先日、ABA(国際行動分析学分析学会)の大会プログラムを眺めていたら、初日のワークショップにACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)関連がずらりと並んで、いまが華といった感があります。

ACTに関する日本語の著書を昨年出版された武藤崇先生(立命館大学)が、ナラティヴ・セラピーの人の話にどう切り込むか、楽しみです。

以下、BMLにサトウタツヤ先生が投稿されたメールの転載:


今春発売される「物語りとしての心理療法—ナラティヴ・セラピーの魅力」・「臨床実践のための質的研究法入門」の著者、John McLeod (英国 アバティ大学)教授が東大・下山教授の招きで来日するのを機に、京都・立命館大学で講演とシンポジウムを行うことにしました。

「心理療法におけるエビデンスとナラティヴ:招待講演とシンポジウム」英国・アバティ大学John McLeod教授をお迎えして

*発表は日本語と英語で行われます。英語講演には通訳がつきます。
*参加ご希望のかたはメールでお申し込みください(詳細後述)。

■日時:2007年3月21日 午後1時半から5時半まで
■場所:立命館大学(衣笠) 創想館カンファレンスルーム(定員120名)

■参加費:無料
定員:120名

■内容
司会・進行(未定)
導入講演 サトウタツヤ
「機能主義と文脈主義からみた新しい心理療法の時代の行動療法とナラティヴ:その歴史と展開」
招待講演
John McLeod (英国 アバティ大学)(聴衆への逐次的通訳あり)
「How could Psychotherapy develop from the modern forms to post-modern」

シンポジウム 新しい時代の心理療法とカウンセリングの発展に向けて
話題提供者(日本語で発表。マクレオド先生向けの逐次的通訳あり)
下山晴彦 日本の心理療法の発展における物語り(ナラティヴ)の意義
能智正博 ナラティブの視点と“リハビリテーション・カウンセリング”
武藤 崇 認知行動療法とナラティブ:"close outsider"という倫理
松見淳子 EBP(Evidence-Based Practice) の今日的意味と展望
指定討論者
John McLeod (英国 アバティ大学)

■主催:
科研費(社会状況や海外学説との関連からみた本邦臨床心理学の歴史的展開。研究代表;佐藤達哉)
日本学術振興会人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業「ボトムアップ人間関係論の構築」
立命館大学人間科学研究所
後援:日本質的心理学会

■タイムテーブル
開場       12:45
第一部
 あいさつ    13:30
 導入講演    13:40
 招待講演    14:00
休憩       15:00
第二部
 シンポジウム  15:20
討論       17:00
終了予定     17:30


■参加方法
下記の予約フォームに差し支えない範囲でご記入の上、以下のメアドまで予約をお願いします。当日夕方、懇親会をフランクな感じでちんまりとやろうと思っています。ご希望の方は下記通信欄にお申し出ください(参加者数を限る場合もあります)。

■申込み・連絡先:
人間科学研究所事務局
ningen@st.ritsumei.ac.jp

*******以下、予約フォーム*******

タイトルには「3/21心理療法におけるエビデンスとナラティヴ」とつけてください。

3/21心理療法におけるエビデンスとナラティヴ予約フォーム

【お名前】

【ご所属等】

【ご連絡先】
 ・Email:
 ・FAX:
 ・TEL:

【通信欄】

【情報入手元】

なお、受付確認のご連絡は致しませんので、ご了承下さい。

以上。

法政心理ネット