迷惑メール対策

Spamsieveicon

ここ数ヶ月、迷惑メールの数が急増していた。

MacOSXの標準メールソフトMailには学習機能つきの迷惑メールフィルターが装備されていて、ある程度は自動判断して振り分けてくれる。ところが最近の迷惑メールには必ずしもHな単語が含まれていなかったりして、フィルターを通りぬけてしまうことが多くなってきた。

そこで、今回、有料ではあるがサードパーティの迷惑メールフィルター“Spamsieve” をインストールしてテストしてみたところ、数日間のトレーニング後、ほぼ100%、迷惑メールを振り分けられるようになった。

だいたい毎日50-60件の迷惑メールが届くが、近々の1週間で、迷惑メールなのに迷惑メールではないと判定され(すりぬけた)のは2件、迷惑メールではないのに迷惑メールと判断された(いわゆるFalse Alarm)は0件。なかなかの好成績である。

このソフト、30日間の試用期間があるので、試してみてうまく機能すれば購入したらいい。

購入サイトは英語ですが、ソフトは日本語対応(マニュアルも日本語あり)。

このソフトに関する紹介記事はこちら。購入サイトはこちら

アーカイブ

法政心理ネット