| コメント(1)

申込書

以前、

EGBridge だと「申し込み書」以外にも、「4限」って入力したいのに「4減」が最初にでてくるように、変換候補にほとんど意味の重みづけがされていない感じ。

と書きましたが、訂正します。

EGBridgeで鉛筆メニューから「環境設定ツール」を起動し、変換のタブをクリック、「送り仮名」のメニューを「本則のみ」から「すべて」に変えれば「申込書」も「〆切」も変換できます。

ちょっと時間ができたんでサポートに電話してききました。もっと早く電話すればよかった。

それにしてもデフォルトの設定がどうして不便な「本則のみ」なのか、そもそも何のために「本則のみ」ってのがあるのかは質問しそこねました。

とりあえずエルゴソフト、面目躍如。

egbridge.gif

コメント(1)

覚書:
 EGBridgeをver15にアップデートしたらまたおかしな変換をするようになった。

 「○○先生」と入力したいのに常に第一候補が「○○せんせい」となってしまい、はなはだ失礼だ。

 解決策は辞書の再構築。方法は「辞書管理ツール」→「新規ユーザー辞書」→「辞書・テキストの読み込み」→「環境設定ツール」→「辞書」→「ユーザー辞書」。

 サポートによれば辞書のアップデートとは無関係とのこと。辞書の学習機能に異常をきたしたときの解決策、常套手段らしい。

 覚えとこう。

アーカイブ

法政心理ネット