『古武術で蘇るカラダ』

juryoku.jpg

残念ながらアテネでは惨敗してしまったが、末續選手は日本古来の動きのひとつ-ナンバ走り-で世界に挑んだ。そしてこれまでの日本選手を越える記録をだした。

他にも、巨人の桑田投手や桐朋高校バスケットボール部など、古武術の動きをスポーツに取り入れて成功した事例が報告されるにつれ、「ねじらない、ためない、うねらない」という古武術の動きが注目されるようになった。

スポーツアトム研究会で上田先生に教えてもらい、興味をもって読んだ本が『古武術で蘇るカラダ』(甲野善紀編 宝島社)。

古武術とは、そもそも武士がいかに己の技を磨き、殺される前に相手を殺せるかという過酷な随伴性の中で編み出されてきた、カラダの動かし方のようだ。よって、スピード、意外性、力などが重視される。

力を入れるのではなく、力を抜くことで初動を速くするなど、面白いアイディアもたくさんある。行動分析学的に考えれば、行動の機能を高めるために、どのような行動形態(トポグラフィ)をとれるかという問いだ。

ただし、怪しげな記述もそれ以上にたくさんある。

p.28には

通常は重くてとても持ち上がらないバーベルでも、落下中のエレベーターなら無重力状態に近くなるため、自分の体とともにバーベルも軽く感じる。膝を抜く動作では、疑似的にこの状態を作る

とあるが、エレベーターもバーベルも人も同じ速度で落下している限り、そんなことは起こらないと思うのだが...

トラックバック(1)

�3臥㍽�� �\⒢@� 補!や 溪 � 娯 �  � 娯≫ �≧メ銀 丞 九*補√*補 坂√*補サ懌 �>� �!や �r繚宴≧�!や �∴ム≫ � 障□�,√'� �\補 補!娯 �>� ⒢>�'�√C壺 鞘 �\⒢@� 補 娯 ゃ″� 障>瘁�� �"補!сユャ�"潟hャ❼b痰鴻ヮャ<oャ�"俄!�≫!... 続きを読む

アーカイブ

法政心理ネット