HOME > 施設見学:アニマルセラピーコース実習の見学

施設見学:アニマルセラピーコース実習の見学

心理ネット管理者(2010年11月12日 16:50)

施設見学:帝京科学大学(上野原キャンパス)アニマルセラピーコース

アニマルセラピーとは動物を介在させてストレスを低減したり、生活の質を向上させる心理行動療法のことです。
不登校や引きこもりなどの心理的な問題や小児がんのような医学的な問題における効果が検討されています。
我が国にも自閉症児に馬やイルカと一緒に遊ばせるなど、民間療法の形で浸透しつつあります。

今回は帝京科学大学・横山准教授(精神科医)のアニマルセラピーコースの実習を担当されている山本央子先生から授業見学の許可をいただくことができました。

山本央子先生は『ヘンリー、人を癒す--心の扉を開けるセラピー犬』の著者で、科学的なエビデンスを元にしたアニマルセラピーを米国で勉強され、9/11同時多発テロの被害者のケアにも従事された専門家です。

当日は講義と実習を見学できます(受講生のペット犬を使うそうです)。希望者がいれば犬とふれあう実習にも参加可能だそうです。
朝早くから夜遅くまで丸一日のイベントになります。

参加希望者は2010/11/25(木)までに島宗までメールで申し込んで下さい(氏名、学生番号、連絡先のメルアド)。

参加者数:最大7名(最低催行人数:3名)

日時:2010/12/11(土)
場所:帝京科学大学(上野原キャンパス, 山梨県上野原市)
費用:交通費と食事代

詳しい案内はこちらから.
開始日時: 2010年12月11日 08:00
終了日時: 2010年12月11日 22:00

PAGE TOP