HOME > 卒業/修了後の進路

卒業/修了後の進路

卒業/修了後の進路について


 心理学を学ぶことで自己発見や問題解決する力、リサーチし、分析する力などを習得することが出来ます。これらをベースに一般企業(ジャーナリズム・マ スコミ関係、人材開発・人事労務関係、リサーチ関係、企画広告担当者)、医療関係(事務職、心理判定員)、自治体関係(教育相談機関、福祉関係機関、ハローワーク、司法・矯正機関など)、大学院(心理学系、認知科学系)への進学を目指せます。

 心理学科で所定の単位を修得すると「認定心理士」が取得できます。そのほか取得可能な資格として教員免許(中学校の社会、高等学校の公民)、図書館司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員、社会教育主事があります。 心理職や福祉職などの国家公務員や地方公務員を目指す学生を育てる教育も積極的に行っています。

 グラフを見てください(クリックすると拡大します)。サービス、情報・通信など、様々な職種に就職し、活躍しています。大学院に進学する卒業生も9%います。卒業生が就職した企業の規模を見てみると、従業員が500人以上の大企業に79%、100人以上500人未満の中企業に14%、そして100人未満の小企業に7%が就職しています。

 こちらで卒業生・修了生の声をお聞き下さい。

jobs.jpg


心理学科で取得できる資格

・認定心理士
中学校教諭一種免許状(社会)
高等学校教諭一種免許状(公民)
図書館司書
学校図書館司書教諭
博物館学芸員
社会教育主事

心理学専攻で取得できる資格

・学校心理士(補) *受験資格

☆ その他、就職に関する情報は「よくある質問のページもご覧下さい。

PAGE TOP