HOME > 2012年12月アーカイブ

▼卒業論文発表会と要旨の提出について▼

1)1/31・2/1に開催される卒業論文発表会における学生の発表は、
例年通りに「12分発表+3分質疑応答(副査の先生優先)」で行います。
2)発表会資料となる、卒業論文要旨の提出日は、卒業論文提出の2日間と同一です。提出先は、卒業論文とは異なり、心理学実習室になります。ただし、卒論提出日以前に提出することを奨励します。
3)卒業論文要旨は、「紙媒体」「電子ファイル(Wordファイル)」の両方を提出してください。電子ファイルは、ウィルスに感染されていないことをチェックしたUSBメモリで持参してください。
4)要旨を提出する際、卒業後の進路等のアンケートを実施します。また、法政心理連絡メールの登録がまだの人には、その場に設置されているPCで登録を行ってもらいます。

法政心理ネットの運営に使っているCMSの更新によって動作しなくなってしまった「今後の予定」の修理が終わりました。今後、管理者の引き継ぎ(島宗から林先生へ)も兼ねて、今年度すでに実施された特別講義などの情報を「今後の予定」に追加します(実際には「過去の予定」に追加されていきます)。ただし、この情報が法政心理ネットのTweetにも流れてしまいます。まるで過去からのお知らせで、混乱を招いてしまうかもしれません。あらかじめお詫びしておきます。

【お知らせ】 修論の提出などについて

M2の院生の皆さんへ

重要なお知らせです。必ずお読みください。

【1】修論の提出について(大学院課窓口)
 すでにご存じだと思いますが、修士論文の提出期間は2013年1月7日(月)〜8日(火)20時です。遅延提出は基本的にはいかなる理由でも一切認められませんので注意してください。提出場所は大学院棟1階の事務窓口です。提出物や部数、その他詳しいことが大学院要項 Pp. 35-37に記載されていますので、今一度確認しておいてください(論文は4部、要旨は論文に綴じる4部とは別に8部用意する必要があります)。

【2】要旨その他の提出について(心理学実習室)
 2013年1月9日(水)または10日(木)にBT11階心理学実習室にて以下の手続きを必ず行ってください。
1.修論の要旨を一部印刷して提出する。
 *要旨のひな形は法政心理ネットからダウンロードして使うこと。長さは1ページに収めること。
2.修論の要旨(1.と同じもの)の電子ファイル(Word文書形式)を保存したUSBメモリなどを持参し、提出すること。提出直前にUSBメモリのウィルスチェックを行って下さい。
3.要旨の電子ファイルを指定のPCに保存する(どのPCに保存するかは事務助手さんに聞いてください)。
4.要旨公開等に関する同意書に必要事項などが含まれたアンケートを記入する。
5.修了後も連絡が取れるメールアドレスなどを登録する。
6. (まだ登録していない人は)「法政心理連絡メール」に登録する。

以上です。よろしくお願いします。

PAGE TOP