欧州での学会にエントリーしました。

今夏の7月1〜3日にスペインで開催予定の第25回のAnnual Congress of the European College of Sport Science(ECSS)にエントリーしました。

 

友人の先生方に誘って頂いて初めて参加することに決め,1月末にAbstractを提出していたのですが,先日無事にLetter of Acceptanceをもらいました。

 

ただ,COVID-19の感染者数の増加を受けて,学会開催自体は微妙な感じになっているようです。

今日届いたメールでは,

The ECSS has been working very closely with Universidad Pablo de Olavide, the host university, FIBES II, the host venue and the City authorities in Sevilla. After careful analysis FIBES II and the City authorities identified the ECSS Congress as the first major event to take place after a brief closure. This closure is a precaution FIBES II took in canceling or postponing all conferences during April, May and June.

と記載されていたので,現段階では開催の方向で考えている様ですが,どうなるのでしょうか。

6月末までイベントができないのに7月1日から学会を行うって,準備などは大丈夫なのかと不安になりますね。

 

現在のところ,日本人は空路では入国できるようですが帰国後は行動制限処置の対象になるでしょう。

また,学会会場は渡航中止勧告の対象地域ではありませんが,感染症危険情報レベルは「レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」に該当していました。

先が読めない状況ですが,これが続くようなら学会が開催されても無理に渡航することは避けなくてはならないでしょう。

 

 

とりあえず発表に向けて準備を進めたいとは思いますが,今後の状況によっては自発的な発表のキャンセルも早めに検討しなくてはならないかもしれません。

この記事について

このページは、林 容市が2020年3月18日 14:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「身体活動時の感覚について記事を書きました。」です。

次の記事は「令和元年度 日本測定評価学会の学会賞を受賞しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.6.1