キャッチーなコピー その3

  2012年の日本心理学会大会は,専修大学生田キャンパスで9月11日から13日まで開催されました。

生田キャンパスに行くためには,新宿から小田急線に乗ります。その電車内の中吊り広告。

これは,視覚に関する事なので,広告の一部分だけブログにも載せます(下図)。詳細は,小田急のHPなどへ。

ENOFES.JPG一目見たとき,「Ino-Fes」と読めました。ああ,何かのフェスティバルかぁと思ったのですが,

Iの隣の三本線が気になります。うーん,小田急だし江ノ島でフェスティバルをするの???

あっ,「江ノ・フェス」だ。「江ノ島フェスティバル!」

同じ形態をしていても,前後にある文字の文脈効果によって異なった文字に読めます(下図)。

「13」が上段では,数字の十三。下段ではアルファベットの「B」に読めます。

図の出典は,,村田孝次(1990).教養の心理学培風館です。

文字文脈効果.JPG

その効果を上手に使っている広告です。

少なくとも私は,何度もその広告を見て,周辺の文字情報も読みました。広告を作った人の手中にはまってしまいました(笑)。

 

暗唱のすすめ?!-教授法としての暗唱-

ただいま,暗唱効果の研究中です。そのための論文を漁っていたら,以下の論文にヒットしました。

Guetzkow,H, Kelly, E.L., & McKeachie,W.J.(1954). An experimantal comparison of recitation, discussion, and tutorial methods in college teaching. The Journal of educationa pyschology,45,193-207.

1954年の論文を研究室に居ながら読める,これはまさに情報化の恩恵ですね。

さて,内容を簡単にまとめると,心理学概論の授業(大学生)を次の3つの教授法で教えるとどれが一番効果があるか?の実験的検討です。教授法は1学期にわたって続けられています。各群のクラスサイズは25-35名です。事前にクラスの等質性は担保されています。

暗唱&ドリル群とグループ&討論群,チューター&自習群の三つです。2つの観点(教師主導vs学習者主導,浅い学習vs深い学習)から三つの群をみると,暗唱&ドリル群は教師主導,かつ浅い学習,グループ&討論群とチューター&自習群は学習者主導,かつ深い学習となります。よって,著者らも先行研究の結果からでも結果の予測はグループ&討論群≒チューター&自習群>暗唱&ドリル群です。

だがしかし,なんと,

(1)期末テストの得点(再認問題50点,応用問題50点の100点満点)では,

   暗唱&ドリル群97.7>グループ&討論群96.5>チューター&自習群95.8 で,暗唱&ドリル群の勝ち!

(2)心理学に対する態度得点では

   グループ&討論群21.9>チューター&自習群20.8のみに有意差有り。

   暗唱&ドリル群は21.3で他の2つの群とは有意差無し

(3)取りたいと思う心理学の専門科目数

  暗唱&ドリル群4.3>グループ&討論群3.9≒チューター&自習群3.6 で,またまた暗唱&ドリル群!

この結果に,著者らは戸惑っています。それはそうでしょう。(1)の結果は,暗唱&ドリル群の方法がテストに有利な方法であることを示しています。しかも,テスト内容は応用問題も含まれています。単なる再認だけではなく,この学習方法は応用にも通用することを示しています。

また,(2),(3)は学習者の学習内容に対する態度を示しています。暗唱&ドリルをすればテストの成績は良くなるだろうけど,そんなやり方で教わったら,その科目を嫌いになるだろう。それでは,生涯学習には繋がらないだろう。どう?という意見を真っ向から否定しています。暗唱&ドリル群で教わった学生さんは,心理学が好きだし,もっと心理学を勉強したいと思っているのですから…

他にも測定されていますが,言いたいことは上記の3つの変数で十分でしょう。興味ある人は原典に当たってくださいませ。

さて,上記のような結果に困った?著者らはどうしたか。

*有意差はあるけど,数値を見たら分かるようにそれはちょっとした違いである, とか

*この実験の教師が大学院生によって行われたため,技術や熱意に差があった,とか方法論自体の不備を考察しています。

研究者といえども,自分の考えていた枠組みから外れる場合は,データを鵜呑みにできないわけですね。とは,いえ(1)は天井効果が出ていますね。ということは,この3つの群には差がない!暗唱が悪いわけではないということになります。これもやはり著者らには,都合が悪そうです。

しかし,このインパクトのある?論文は,その後,この手の研究に引き継がれています。

一つは,もちろん協同学習流れ。この論文にもあるように,グループにわかれて討論すれば,それだけで効果があるわけではありません。いくつかの条件を整えないとうまくいきません。昨今の協同学習ブームはちょっと安易な気がします。詳しくは,小著「集団において思考は発展するか 指導と評価 2011年11月号8-11頁」をどうぞ。

二つ目は,学習方略の話。っと,そういえば,第三著者であるMcKeachie,W.J.さんは自己調整学習の分野にでてくる研究者?うんうん,確かに彼は,大学生用の学習の動機づけ方略質問紙(Motivated Strategies
for Learning Questionnaire,1993)を作成した人ですね。1954年の結果と自己調整学習にはギャップがあるような気がしますが…。皆さんはどう考えますか?この続きはまた今度。では

 

キャッチーなコピー その2

前回は,素敵なコピーの紹介をしました。

今回は,ざ・残念なコピーです。

プロ野球のホーム球場には,球団を宣伝する登り旗などなど,いろいろな工夫が凝らされています。

ある日,後楽園に行ったら,一連の登り旗がたなびいてました。そこには,「打倒 ・・・」というコピーが。

「打倒 なんとか」というコピーは,昔から使われていますねぇ。

その「なんとか」の中に,倒したい相手が入ります。

例えば,キリンの会社であれば「打倒 アサヒ」とか…。つまり,手強い相手をやっつけるぞ!

という意味ですね。

さて,後楽園の**監督の登り旗。よくよく見ると「打倒 常勝」  って?,なに??

常勝を倒す?常勝しないってこと?よし,負けるぞ?っていう意味?!

これは,残念なコピー・・・として,このブログを書き始めましたが,もしかしたら,

「衆人の注意を引く」という意味では,すごいコピーなのかも知れません。

すくなくとも,ここに紹介されているし…

コピーは深いですね。

キャッチーなコピー その1

言語心理学なんかやっているので,当然,ことばに興味があります。

で,広告のコピーなんかも,好きです。いいものがあると,おおぅ!と叫び,残念なものには,ふぇ…

さて,今回は,おおぅ!の方を紹介いたします。

皆さんは,ダノンをご存じですか?スーパーに行くと4つ単位で売っているヨーグルトです。

食べるときに,当然,ふたをめくって外すのですが,そのふたに中身がくっついていることが多い。

で。ペロリ。さすがにお外ではやりませんが,お家の中でのこと。大目にみてください。

すると,『なめた?』 ふたに文字が書かれていました。

はい,なめました。私はなめてしました。恐れ入りました…

これは,面白いと次々?と,ダノンを買ってはなめているのですが,なかなか『なめた?』に出会えません。

ダノンのふたのキャッチコピーは,たくさんの種類があるらしいのです。

となると,出会うために,購入…。

とても,上手なキャッチコピーのお話しでした。

 

オープンキャンパス

法政大学市ヶ谷キャンパスで,2012年8月19日にオープンキャンパスが開かれました。

例年一番来場者が多い日に全国的な模試があり,19日20日のOCに人が流れたそうで,想定外の多さになったみたいです。

なんと,地理学科・心理学科共同での学科説明会には500名程度,心理学科の模擬授業には

400名程度の方が参加してくれました。

暑い中,本当にありがとうございました。

福田は,6月あたりのOCに出ることが多いので,こんなにたくさんの方が来て下さるとは思っていませんでした。うれしいです!

一方,来場者の皆さんが欲しかった情報をきちんと出せたか…ちょっと不安です。

次回,福田が担当する際には,事後アンケートもとって,将来に備えたいと思っています。

最後に驚き,プラス感心したことは,学生スタッフがてきぱきと動いていたことです。

19日の来場者の数は想定を上回っており,用意した教室では多くの立ち見が出てしまいました。

そのような突然の出来事に,立ち見の方をうまく誘導しておりました。

来場者からみたら,不備等々あったかもしれませんが,普段「学生」として接している目から見ると

きちんとやっているなぁと思いました。

準備をやっていましたものね。その賜でしょう。

やはり,「準備」が重要ですね。自分に言い聞かせているこの頃です。

新聞のマーケティング

みなさんは,新聞をとっているでしょうか?

最近ではネットで済ます人が増えて,新聞を購読しない層が増えているみたいですね。

そのためか,どうかはわかりませんが,

「字を大きく」したり,中学受験に必要と銘打った「子どもニュース解説」,

大学入試に使われていますと声高に宣伝している「天声人語」等々

いろいろな工夫をしているようです。

これらの工夫は,ずばり,

「字を大きく」   <-老眼になった中高年齢層の新聞離れを防ぐため

「こどもニュース」「天声人語」<-受験期の親に講読してもらうため。未来の購買層を確保するため。

さて,私の家では日本経済新聞をとっています。

日経は前から,新社会人をターゲットに「社会人なんだから,日経!」というようなCMをしていました。

それが,昨今の就職難で,就活生にまでターゲットが広がってきました。

そして,本日の日経。紙面ががらりと変わりました。

「大学教育・大学生のための紙面」が,ば・ばーんと見開きで!

大学教育を改善しよう,就職頑張ろうという,見開き頁です。

経済界に役に立つ大学教育をしよう,役に立つ人になろう,という裏のメッセージがみえてしまうのですが…

行間を読みすぎ?考えすぎでしょうか?

とにかくも,それらの記事を読んでいるし,どんな展開になるんだろうと今度も読もうと思うので,

日経の思うつぼなんでしょうね。マーケティングとしては…

二匹目の泥鰌 ゲット!

「二匹目の泥鰌」という言葉があります。「待ちぼうけ」の歌に出てくる木こりと同じ意味ですね。

たまたま良いことがあっただけ。また,同じようにラッキーなことがあるわけではない。

が,人生長く生きていると二匹目の泥鰌はいるのですね…。

昨年,あるバッティングセンターでホームランを出しました。ちいさい的にあてると,ホームラン。

ご褒美は,某球場の外野席券2枚。二度とないだろうと思いながら,この連休の初日に行きました。

そしたら,見事,あたり!やっっったぁ。

というお話しでした。

 

ランチ,大丈夫ですか?

勤労感謝の穏やかなお昼どき。

飯田橋の駅前で,ちらしを配っている男性がいた。

「ランチ,大丈夫ですか?」

えっ,ランチ,大丈夫?大丈夫って?????

よく男性を見ると,レストランのウェーターさんの格好。

どうやら,お店の呼び込みをしているようだ。

しかし,「ランチ,いかがですか?」でもなければ,「ランチをやっています」でもない。

大丈夫って?

想定会話

男性:ランチ,大丈夫ですか?

通行人A:大丈夫です。(もう,食べたから要りません)

 

男性:ランチ,大丈夫ですか?

通行人B:いいです。(あなたのお店に行きたくありません)

 

って,どちらとも,お店には行かないのでは????閑古鳥が飛んでいそう・・・

このお店,【大丈夫ですか?】

そうですね

最近,いきなりTV出演をすることになった。といっても,たった2回ですが・・・
いつも,TVでのインタビューを見ながら,質問された人が
枕詞のように「そうですね」 と言っているを見聞するたびに,突っ込んでいました。
そのため,自分は絶対,いわないぞ!と心に誓ってインタビューを受けたのですが,
やはり,「そうですね」って言っちゃった。

放送時間はちょっとなので,「そうですね」と言っている恥ずかしい姿は流れていない
ことを祈っているのですが,
さて,なぜ,「そうですね」って言うのか?

それは,普通の対話ではないからだと体験してわかりました。
普通の会話では,質問をするタイミングと質問に答えるタイミングが近いです。
ところが,インタビュー形式だと
質問する人:・・・はどうですか?
間,ま,マ
答える人:そうですね。それは,・・・
となるのです。さすがに,TVで「えっと,」といえないので,「そうですね」
そうすると,インタビューになれてくると,その間にも対抗できる?!
学習ですね。

TVの前で,人の答え方に突っ込まないようにします。これから。はい。



マンガと小説

みなさんは「こちら葛飾区亀有公園前派出所」というマンガはご存じでしょう。

主人公両津のめちゃくちゃ加減,および脇役のキャラが立っている,さらに時代性を感じさせる

ということで,好きなマンガのひとつです。でも,おせじにも両津の見た目が格好いいとは言い難し。

そのトリビュート小説が集英社文庫からでています。

「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」。そのまんまのタイトルです(笑)。

で,こちらも読みました。

その読後感ですが・・・

小説を読んでイメージする両津が,とんでもなくイケメン!!!

読んでいる最中,原作者による挿絵があるにもかかわらず,それを凌駕する形で

頭の中に浮かび上がるイケメンの両津さん・・・。

文中には「その異様なほどのがに股には,有無を言わせさぬ迫力があった(1杯の賭け蕎麦 柴田よしき 139頁)」にはっきりと書いてある。

しかし,それでもイケメンにイメージは戻ってしまう。

これは,何でだろう・・・。

文章の方がイメージに自由度があるせいなのか・・・。

そのため,格好いいことをする人は見目麗しいというステレオタイプが働いているのか?

はたまた,主人公は見目麗しいものであるというステレオタイプが働いているのか?

どうしても,小説版両津は両津様~になってします。

不思議だ。

みなさんはどう思います?