座談会「オリパラとコロナの功罪:東京2020から北京2022へ」

2021年10月7日にオンラインで開催した座談会「オリパラとコロナの功罪:東京2020から北京2022へ」を荒井弘和チャンネルで公開しました。皆様、ぜひご覧ください。

【あらすじ】
01:55 東京大会でのコロナの罪 (選手はどのように苦しめられたか?)
13:05 東京大会でのコロナの功 (恩恵があったとすればそれは何か?)
27:52 北京大会とコロナ (オリパラでなく冬の大運動会?)
38:32 未来への展望 (これからのオリパラはどうあるべきか?)

【登壇者】
山本浩 (元NHKアナウンサー、法政大学教授)
鈴村裕輔 (野球文化學會会長、名城大学准教授)
金澤潤一郎 (臨床心理士、北海道医療大学准教授)
大矢太作 (北海道新聞社記者、東京2020大会を取材)
荒井弘和 (司会、スポーツメンタルトレーニング上級指導士、法政大学教授)