都民は東京2020大会の開催をどう考えたか?

2020年4月26日から6月2日にかけて、東京都民2,011名を対象に行った調査結果が公表されます。

荒井弘和・ 樋口匡貴・伊藤拓・中村菜々子 (2021). 東京2020大会の開催延期決定直後における大会開催に対する東京都民の認知 スポーツ産業学研究, 31, 261-266.

主な結果は、以下のとおりです。
・中止すべきと回答した者は、42.4% (男性42.0%,女性42.8%) であった。
・中止すべきという考えは、女性、もしくは、50代・60代の者に多かった。
・無観客などの体制を整備した上での開催を支持する回答は、27.6% (男性24.9%,女性30.3%) であった。

私はかねてより、コロナ禍においては「無観客開催すべき」と主張してきました。しかし、それすら難しい状況が訪れていると、言わざるを得ません。

どのような状況になったとしても、私たちスポーツメンタルトレーニング指導士は、アスリートたちに寄り添い続けたいと考えます。