体育会系社員を開花させる秘策

労政時報の人事ポータル「jin-jour (ジンジュール)」に、以下の記事が掲載されました (2020.08.14掲載)

Point of view 第162回 荒井弘和
体育会系社員を開花させる秘策とは

見出しは以下のとおりです。

体育会系は転換期にある
体育会系を科学する
秘策1:メンターを紹介する
秘策2:「文武不岐」(スポーツ・ライフ・インテグレーション)を実践する
体育会系のリーダーシップに期待する

学生時代に運動部に所属し、スポーツに打ち込む学生は、一般に「体育会系」と呼ばれます。本論考は、この体育会系に焦点を当てています。
法政大学では、2019年度に「大学スポーツアドミニストレーター主導による体育会学生のキャリア形成支援体制の構築」というスポーツ庁の事業を行いました。その事業の成果と、事業成果から展望できることを報告しています。

見出しにある「文武不岐」とは、文と武は分かれているものではなく、重なり合っているべきと強調した言葉です。この言葉は、私が19歳から稽古している武道「骨法」の創始師範である故堀辺正史先生に教えてもらった言葉です。
この文武不岐という考え方を元に、本学の事業では「スポーツ・ライフ・インテグレーション」という考え方を提唱しました。これは、競技経験が仕事や生活に活かせることの実感を通じて、競技とそれ以外の生活のつながりを認識する考え方です。
日本の支配階級が、百年前までは武士であったことを考えれば、私たちの中に文武不岐は染みついているはずです。そして体育会系の学生や社員は、文武不岐の血液が流れているはずです。