心理サポートか?メンタルサポートか?

論考「アスリート・コーチに対するメンタルサポート3.0」では、「メンタル」という言葉をタイトルに含めています。スポーツ心理学では「心理」という言葉を使うのが一般的ですが、私は現場で「心理」という言葉はあまり使わず、「メンタル」という言葉をよく使います。
現場では、「メンタル」という言葉の方がスポーツ現場で受け入れられやすいと感じているためです。また、スティグマ (サポートを受けることを恥ずかしいと考えること) を生じさせにくいとも思っています。つまり、ちょっと格好つけていうと、「アスリートセンタード」というポリシーゆえの「メンタル」ということです。
英語の意味から考えると、メンタルコンサルティングとかサイコロジカルコンサルティングという言葉が適切なのでしょうね。