紙本監督「だから僕は生徒に『文武は不岐だ』と言っているんです」

選抜高校野球に出場が決まった米子東高校の紙本庸由監督が、このサイトでたびたび言及している「文武不岐」について以下のコメントをされていました。

「僕、文武両道という言葉がよくわからないんですよ。文武両道というのは、部活と学校の勉強は別物だという前提があるから『両道』という話になるわけですよね。でも、学校の目的ってテストで点を取るだけじゃない『学力』を身に着けることでしょう。その手段として部活があるんだと思うんです。国語、数学、社会とかの科目も、野球部での活動も、全部横並びで、等しく学力を養う手段に過ぎないと思うんです」

文武不岐は、本学の体育会本部からも、文武不岐に対する注目しているという声を聞きました。文武不岐、熱いです。

記事はこちら