「健康とスポーツ」開設記念シンポジウムを開催しました

12月9日に、法政大学履修証明プログラム 「健康とスポーツ」開設記念シンポジウムを開催しました。これは、SSI(スポーツ・サイエンス・インスティテュート)の科目を公開するプログラムを開設することに伴って開かれたシンポジウムです。

第1部 健康パート講演「口腔から全身の健康へ向けた先進的な取り組み~KEEP28全ての歯を守ろう!~」熊谷 崇(日吉歯科診療所理事長)

第2部 スポーツパート講演「4×100mリレーで世界に挑む」苅部 俊二(スポーツ健康学部教授)

第3部 パネルディスカッション「アスリートの健康支援とコーチング」熊谷 崇、苅部 俊二、伊藤 マモル(法学部教授)、杉本 恵子(株式会社ヘルシーピット代表取締役)、荒井 弘和(ファシリテーター、文学部教授)

熊谷先生は、プロフェッショナル(NHK)やカンブリア宮殿(テレビ東京)などにも登場されている歯科医でいらっしゃいます。熊谷先生からは、予防歯科に関するお話しをいただき、歯科に関する考え方が180度変わりました。個人的には、健康な人を対象とした予防は保険適応外とされていることを聞いて驚きました。

苅部先生からは、陸上競技のリレーに焦点を当てて、みなさんご存じのバトンパスなどに関するお話しをいただき、きわめて科学的に、精密に、それが行われていることを理解しました。

パネルディスカッションでは、予防を中心として話題が展開しました。熊谷先生より、予防のためには万全のバックアップ体制が必要であることが語られ、分野は違えど、私たちも心に留めておくべきだと考えさせられました。

熊谷先生からは、仕事に対する姿勢を学ばせてもらいました。本当によい機会となりました。ご多用の中、遠方よりお越しくださった熊谷先生に、満腔の謝意を表します。そして、多彩な視点からお話を聞かせてくださった、徳安彰先生(本学保健体育センター長)、苅部先生、伊藤先生、杉本先生に心より感謝申し上げます。日曜にもかかわらず、ご参加くださった皆様にお礼申し上げます。

追伸:コミュニケーションギアのサイトに、シンポジウムのレポートがアップされています。

【レポート】法政大学 履修証明プログラム開設記念シンポジウム