日本サッカー協会1級審判員開幕前研修会で講師を担当しました

本日開催された、2018シーズン JFA 1級審判員開幕前研修会で、大学院生の榎本くんに手伝ってもらいながら、「コミュニケーション」のセッションの講師を担当しました。

このセッションは、認知行動療法の考え方に基づいて実施しています。具体的には、審判員の方々の頭に勝手に浮かんでしまう考え(自動思考)に注目して、グループワークを行いました。

どんな自動思考が生じるのか?そして、その自動思考に対する対処方法にはどんなものがあるのか?について、考えていただきました。私が想像もしなかった考えをいくつも聞かせていただけて、大変興味深かったです。

「見えないところでそういう工夫をなさっているのか」「そうか、そうすればみんなが丸く収まるだろうな」などなど、私自身がとっても勉強になりました。

審判員の方々は、皆さんすばらしい方々ばかりで、ご一緒できて幸せでした。心の洗濯をしてもらった、そんな気持ちです。

もうすぐJリーグが開幕しますね。審判員の方々のご尽力に敬意を表しつつ、私もサッカーを楽しみたいと思います。