スポーツメンタルトレーニング指導士は国際大会に帯同するべきか?

先週末は、スポーツメンタルトレーニング指導士会の全国研修会があり、私も参加してきました。兄井彰先生(福岡教育大学)はじめ、主催してくださった九州・沖縄支部のみなさま、ありがとうございました。

その際、私たちスポーツメンタルトレーニング指導士が、試合・大会に帯同する意義について議論がありました。たしかに、帯同する必要がない試合・大会も多いと思いますが、国際大会となると、帯同が強く期待される場合もあると思います。この点は、土屋裕睦先生(大阪体育大学)も、みなさんと共有しておきたいと強調されていました。

ところで、もう1年前になりますが、2016年3月9日に、国立スポーツ科学センター(JISS)で「JISS医科学セミナー」の講師を担当させてもらいました。その際、「スポーツメンタルトレーニング指導士は国際大会に帯同するべきか?」という今回の問いに関連するプレゼンも行いました。

そこで、プレゼン資料の一部を添付しておきます。こちらからご覧ください。