2012年4月アーカイブ

本日4月15日、法政大学市ヶ谷キャンパスにて、「こころと教育」公開講座―幸せに生きる力をのばすライフスキル教育―が開催されました。

われらが法政心理が誇る精鋭、高橋先生、福田先生、島宗先生、林先生が登壇されました(他の先生方も全員精鋭ですよ、念のため)。

高橋先生からは、睡眠に関するとってもおもしろいデータと、今日から使える睡眠のコツをいくつも教えていただきました。すっごく役立ちそうです、不眠はもう怖くない!

福田先生からは、文章作成指導の具体的な方法論を教えていただきました。演習でさっそく試しちゃおう、こういう指導って、私はちゃんとやってこなかったけど大事なんだな~と反省させられました(汗)。

島宗先生からは、チャレンジクラブの詳細で具体的な内容と、研究成果を還元することについて学ばせていただきました。とくに、研究の成果還元についてはすっごく考えさせられました、聞けてよかった~。

林先生からは、健康情報を見分ける際に活用できるフローチャートを教えていただきました。ヤフーニュースなどで、健康のニュースを見る時の武器を手にすることができましたよー。

私も「スポーツで生きる力を教える―スポーツマンシップで幸せになろう―」というタイトルで発表させていただきました。 

「スポーツマンシップを事例で考える」「スポーツマンシップとは何か?」「スポーツマンシップは心理学と関係するか?」「スポーツマンシップの研究を考える」というトピックでお話をさせてもらいました。

このテーマについては、まだ質問紙調査を1回と、インタビュー調査を1回行った経験しかなく、実践を行った経験はごくわずかしかありません(講義では話してますけどね)。再来年度から、本格的に取り組む予定にしています。

そこで、私がいま考えていることを参加者の皆さんに聞いていただき、多くの有意義なコメントをいただきました。とーっても!勉強になりました。

この研究・実践を進めるに当たって、何を考えておかなければいけないのか?が明確になりました。このテーマの仕事をすることが、とっても楽しみになりました。参加者の皆さんに、心より感謝いたします。

最後になりましたが、ただでさえ忙しい時期に、今回の公開講座をの全てを整えてくださった島宗先生に心より感謝いたします。島宗先生のおかげで、発表する機会をもらえただけでなく、一人の参加者として、とっても充実した時間を過ごすことができました。本当に、ありがとうございました。

良い新年度のスタートが切れたし、今週からもノリノリで仕事しようっと!(ノリすぎてたら止めてください、笑)

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.2